歯医者で出来る裏側矯正とインプラントの魅力に迫る|歯の救世主

白い歯

注目されている治療法

インプラント治療とは

白い歯

インプラント治療は、歯科でおこなわれる、歯の抜けおちた骨の部分にネジを埋め込んで、その上に人工歯を装着する治療方法のことをいう。まず歯科医は、歯のない骨の状態、歯肉の状態、噛み合わせの状態を把握するため、歯科レントゲン検査をする。次に、口腔内の模型を用いて、患者に診療手順を説明する。その後インプラント治療を始めるが、その前に、歯周病的処置、噛合的処置を行う必要がある。歯周病的処置とは、治療を行う前に、残存の歯の歯周病の治療を済ませておくことである。噛合的処置とは、治療後の人工歯と残存歯の噛み合わせ状態をどのようにするのが適切なのか、事前に検討しておく処置のことである。インプラント治療を完璧におこなうためには、これらの処置は重要なことである。

治療には時間がかかる

インプラントの治療は、骨内にインプラントを埋め込み、骨と完全に結合するまで最低数か月を必要とする。欠損している歯が上顎か下顎かによってもかわる。一般に、下顎では2か月半、上顎では3か月半といわれ、また、欠損している歯が前歯であれば、奥歯にくらべ約1か月治療に長く時間がかかる。歯が抜け落ちた部分の骨の高さ、硬さなどに問題があれば、さらに1か月から4か月治療がのびることもある。また、インプラント治療がすぐに始められない場合もある。これは、歯周病を患っている患者には、そもそもインプラント治療はおこなうことができないからだ。歯周病を完治させてから、治療を開始することになるので、治療期間は相当長くなる可能性もでてくる。このように長期にわたる通院が必要になってくるので、どこの歯科で治療するか慎重に検討することが大事である。